とうこと保(たもつ)

打ち上げた花火は全部で1万発です。
17万人以上の人が訪れました。
プロジェマックスアイボトセラム 評判
2016年も8月17日に行われます。
花火の打ち上げ開始は19:10、終了予定は21:30となっています。
昼間には熊野市内で、音楽祭や郷土物産展などのイベントが行われています。
熊野市役所周辺に臨時駐車場も設けられ、その近くの小学校の体育館や市営体育館などが一部休憩所として開放されます。
毎年変更になると思いますので、今年の休憩所などについてはホームページで確認してください。全国から55万人以上の人が訪れました。
2016年は8月6日に行われます。
打ち上げ開始予定は19:20、打ち上げ終了予定は20:50です。
渡良瀬川の上空に豪華な花火絵巻を作り出す、古河花火大会。
一番の見どころの3尺玉は、開花高度600m、開花直径650m、玉の重さ300kgと壮大なスケール、夜空に花開く様子は見ている人を圧倒します。
2万5000発という打ち上げ数も、関東最大級で、全国的に見ても他の花火大会にひけをとりません。大阪の有名な淀川で開催される大花火大会が「なにわ淀川花火大会」。
淀川を舞台として行われる圧巻の花火大会は全国的にも有名です。
地域住民と周辺企業、商店街、ボランティアなどにより運営されている手作りの花火大会です。
豪快な10号玉や水面に広がる水中花火、音楽とシンクロして打ち上げられる花火、空中ナイアガラなど次から次へと迫力ある展開を楽しむことができます。
2015年は8月8日に行われました。
全国から53万人以上の人が訪れました。
2016年は8月6日に行われます。「水戸黄門まつり花火大会」は茨城県水戸市で行われている全国でも有名な花火大会です。
水戸城の外堀の役目も果たす千波湖にて花火を打ち上げています。
日本三大名園として有名な偕楽園から眺める花火が絶景です。
水戸黄門まつり花火大会では、内閣総理大臣賞受賞した10号玉花火や8号玉50連発など見どころがたくさんあります。
2015年は8月7日に行われました。
打ち上げた花火は4500発です。
全国から28万人以上の人が訪れました。亡くなられた人たちへの慰霊の念、長岡再興に力を尽くした人たちへの感謝の気持ち、恒久平和などの願いを込めて行われた「長岡復興祭」。
これが長岡まつりの前身となっています。
そのため毎年8月1日に前夜祭を行い、8月2日~3日に祭り、花火大会を開催しているのです。
長岡まつりの名物花火と言えば「正三尺玉」。
他にもナイアガラ、大スターマインなどを打ち上げます。花火の打ち上げ開始は19:30、終了予定は20:30となっています。
10号玉を一斉に打ち上げて華々しく開幕した2015年の花火大会。
大津の夜空を1万発もの花火が彩りました。
びわ湖大花火大会は、大津市の大津港沖の2ヶ所より打ち上げています。
2016年も1万発の花火が大空へと打ち上げられます。
最も印象的なのは、スターマインです。
びわ湖大花火大会では様々なスターマインが打ち上げられます。
「湖上開発スターマイン」、「斜め打ちスターマイン」、「大スターマイン」、「湖上自爆」など花火が連射連発されます。2016年は10月1日に行われます。
花火の打ち上げ開始は18:00、終了予定は20:30となっています。
今年も競技部門と余興部門合わせて2万発の花火が打ち上げられます。
土浦の花火大会で打ち上げられる花火玉には、2.5号玉から10号玉まであります。
花火玉が大きくなるほど上空で開いたときの花火の直径が大きくなります。
打ち上げられた10号玉の花火は直径が300mにもなります。山が湖を囲むようにしてそびえたっているため、花火の音が山に反響して、その音が私たちの体に響くため迫力満点です。
花火の美しさはもちろん、音の強さ、迫力を楽しむことができる花火大会です。
湖の真ん中には花火を打ち上げるために人工島まで作り、ダイナミックに花火を打ち上げることができています。
水上スターマインは、水面ぎりぎりで行われるため湖上に半円状に見事に広がり、湖面に反射して一つの円に見えます。
ナイアガラは全長2km、湖面に流れ落ちる華麗な演出。
2015年は8月15日に行われました。ファイヤーアートコンテストとして有名な8号玉の創作花火競技会も行われます。
ワイドスクリーン方式、コンピューター制御によって音楽と花火が一体となって繰り広げられるスペクタルな花火ショーです。
全国的に有名な花火師3名による「至高の世界、美の巨人たち」で披露される花火パフォーマンスも見どころです。
2015年は8月29日に行われました。
打ち上げた花火は1万発です。
10万人以上の人が訪れました。関東からも近く全国的にも有名な観光地「箱根」。
箱根で行われる有名なお祭りが「芦ノ湖夏まつりウィーク」。
芦ノ湖周辺では、7月から8月にかけていくつもの祭事が行われます。
この祭事に全国からたくさんの人に来てもらうため「芦ノ湖夏まつりウィーク」が28年前から始まりました。
期間中は、花火大会が連夜行われたり、神輿や太鼓演舞が行われたり、夜店が並んだり、芦ノ湖が盛り上がります。
7月31日の「湖水祭り」から始まります。
芦ノ湖の守り神の九頭龍を奉ります。